【決定版】簡単にブランディングができるUSPとスキルの掛け算戦略

自分の専門性についての知識が豊富にあることと、売れることは別の話ですよね。

世の中にはたくさんの知識がある人も、素晴らしい技術を持った人もいるのに

それで生きていくことは容易ではありません。

だから、好きなことをして生きていきたい人は専門性を高める努力と同時に

売るための技術も学ばないといけないと思う今日この頃です。

けれどそれがなかなかの難易度、、

今回は私が今まで学んだ知識のおすそ分けをしていきますので、何かやりたい人の参考になればと思います。

 

皆さんは『USP』って聞いたことありますか?

ユニークセリングプロポジッションと呼ばれるものなんですが、要はウリです。

例えば、ドミノピザの「熱々を30分以内に届ける」とか

吉野家の「早い、安い、うまい」

なんかがそれに当たりますが、要するにお客様に約束する独自性を一文で表したものです。

ですが、その内容はお客様にとってのベネフィットでなくてはいけません。

ベネフィットとはお客様が受ける利益のことです。

あの有名なスティーブ・ジョブズの売り方もそうですが、

彼は商品の特徴がどうとか、ここを工夫したとか、そういった話から入ることはありません。

そうではなく、これを使うことでお客さんはこんないいことがあって、こんな嬉しい気持ちになって

という具合に、感情を動かすことを優先的に伝えます。

その効果がよくわかる動画がTEDにあったのでご覧ください。

情報が溢れている現代において、商品やサービスの特徴よりも

どんな想いでそれが作られて、自分たちはどんな恩恵を得られるのかをお客様は気にしているようです。

スポンサーリンク

キャッチコピーのコツ

そして、それを伝える文がキャッチコピーです。

その時のコツは「〇〇でNO.1」というように、差別化をしたり

何かと何かを組み合わせたり、ユニークな名前や見せ方をして何かしら1番になる必要があります。

1番なんてむずかしいと思う必要はなく、どんどんニッチなところに落とし込めばそれは可能です。

それは掛け算が可能にするのですが、例えば単体では50人に一人のレベルなのに、
2つめのワザを持っていると掛け算の結果100人、200人に一人の存在になれちゃうんです♪
今のあなたの足場で50人に1人になって、それだけでもすごいのに、
さらに別な領域で50人に1人になれると、トータルでは500人とか1000人に1人の存在になれます。
そして、これを3つ重ねたら1万人に1人の存在になれるのです✨
 
もちろんこの3つがプラスに連携し合うように計画しなきゃダメですが。
 
例えば、
 
 
  ▼ 現場監督のスキル
 
  ▼ 会計のスキル
 
  ▼ プロジェクトマネジメントスキル
 
 
なんて組み合わせは、土木系、建築系では重宝されると思います。
 
 
  ▼ 普通二種免許(タクシーに必要)
 
  ▼ ちょっとした英語力(TOEIC650程度)
 
  ▼ 歴史好き
 
 
なら、外国人相手のタクシー観光運転手でゴハンが食べられそうです。
英語のサイトを作って、そこでブログを書いて、サービスメニューをまとめたら集客出来そうだし、
貸し切り客も出てきそうです。
 
でも、
 
 
  ▼ IT系のスキル
 
  ▼ 大型二種免許(バスの運転に必要)
 
  ▼ 料理のスキル
 
 
だとお互いが補完し合わないのであまりレバレッジが利かないんですよね。
 
スキルや専門性を高めるなら、こういった部分も戦略的に考えてから取り組むことも大切ですね。
 
では今日はこの辺で✨
またね♪

RECOMMEND

こちらの記事も人気!

【1年経過】ファッションデザイナーのお仕事って何してるの?
【チョークアート完成までの流れ】ハガキサイズのミニ看板を数時間かけて作ってみた