仕事辞めたい20代女性が転職活動をしてわかること

こんにちは!アートと歌のASSAです♪

 

今回は転職について書きたいと思います。

 

転職活動をはじめた理由

 

毎日ただなんとなく会社で働いていてこのままでいいのかなとずっと思っていました。

 

仕事の時間はみんなが困らないようにはそれなりに一生懸命頑張るけれど

なるべく定時で帰る努力をして、プライベートな時間は

自分のスキルをあげたり勉強したり、遊んだり好きなことに使ってきました。

 

けれど、やっぱり仕事の時間てとっても長い。

 

移動も含めて最低でも約10時間の平日の毎日を費やしています。(私の場合)

つまり一日の40%は仕事関連に時間を使っていることになります。

年間だと休日が入るので仕事の時間はどれくらいに下がるかというと!!

 

30パーセント!!!!

 

これって多いですか?少ないですか?

 

ちなみに私は約30%くらい睡眠に使っているので

(8時間~9時間くらい寝ます。寝るのもまどろむのも大好き!)

仕事以外の残りの全ての、ご飯食べたりお風呂はいったり、勉強したり

チョークアート作ったりを年間40%の時間でこなさなければならない。

 

こんな計算をついうっかりしてしまったら、何となく使っている仕事の時間が

惜しくてもどかしくなるようになりました。

 

だって、仕上げないといけない絵も送らないといけないデザイン画も

観たい動画もあるのに、のんきに職場で他人の仕事してる場合じゃない!

そんな気分でした。

 

もちろん給料いただくために望んでそこにいるんだから

仕方ないんだけど、それでももどかしいジレンマがありました。

 

朝のやる気も元気もある状態になると、しなくちゃいけないことが次々に頭に浮かんでくる。

でも職場に行かなきゃだし、行くと何もできない。

とりあえず、TO DOだけリストアップして仕事に専念する。

夕方、早速帰るけどなんだかんだ疲れていて作業に移れない。

そのままだらだら朝を迎えるか、もしくは幸運にも作業や勉強をはじめられたけれど、

今度は楽しくてやめ時がわからず夜更かしする。翌日、重い体を引きずって職場へ。

 

こんな状態を職業人生の生涯にわたって続けたいのか、続けられるのか、

 

そこが大きな行動のレバレッジになったように思います。

 

転職先ってどうやって見つけるの?

 

新卒で働いてからずっと同じ職場で続けてきて、その間に他の仕事を考えたことは

なかったので、まず転職ってどう糸口を見つけるのかに迷いました。

 

大学の就活の時は企業説明会やら就活サポートセンターやら、

何となく大衆の流れに従っていれば企業と出会うことができました。

 

もちろん面接に落ちたりはあるけれど、どこで会社と出会うかに困ったことはありませんでした。

 

でも今回は友達みんなが一斉に仕事を探しているわけでもないし、

一番長い時間を接している周りの人、つまり職場の人には相談できないし。

ついでに心配かけれないしいつでも引き返せるように親にも言わずだったので

はじめの一歩がわかりませんでした。

 

偶然知り合いに転職の仲介をしている人がいたのでお願いをしてみました。

そしたら、希望の職種(デザイナーやクリエイター系)は実務経験がないと

難しいと言われました。。

 

なので、そっかーと思いながら「じゃあ・・・」て感じでマーケティングや

企画など応募段階で実務経験を問われない職種で伝えてみました。

 

そっか、新卒の時とは違って転職は今までのキャリアや経験が問われるんですね。

そして履歴書の他に職務経歴書というものを作りました。

この職務経歴書というのは今までの経験や職歴をより細かく書いていくためのものです。

 

異動やその部署で何をしていたか、どんな経験ができてどんな知識が役に立ったかを

詳細に書いていきます。

 

さて、下準備はできたけれどどうやって企業と出逢っていこうか。。

 

 

長くなってきたので続きは次回、、

またね♪

 

RECOMMEND

こちらの記事も人気!

【転職初日】27歳で未経験からファッションデザイナーに転職!事前準備と過ごし方
【1年経過】ファッションデザイナーのお仕事って何してるの?